プチ整形でも準備は必要

顔に触れる女性

必要な準備やケアを確認

エラボトックスで小顔になりたいと考えている人は、施術を受ける前にしっかり準備をしておく必要があります。ボトックス注射自体はメスを使わない手軽なプチ整形ですが、やはり顔に施術を行うということもあり前もって準備をしておくことが大切です。まず行っておきたい準備としては「ボトックス注射を受けるタイミングを決める」ということで、施術後3日間程度は安静にできるかを確認します。ボトックス注射は施術後に腫れや痛みといったダウンタイムの心配がほとんどないと言われていますが、大事を取って施術後3日間は仕事を休んだほうが良いでしょう。安静にしておくことで施術を受けた部位の回復もスムーズになりますし、もし腫れてしまったとしても休みを取ることでケアも十分に行えます。腫れてしまったときのことを考えて施術を受ける前の準備として、保冷剤などエラ部分を冷やすアイテムを購入しておくのもおすすめです。また、1人暮らしという人は休んでいる期間、外出しなくても良いように食事を用意しておくのも行いたい準備です。エラボトックスの治療を受けた後、どのようなケアやNGとされる行動があるのかを事前にチェックしておくことをおすすめします。メスを使う美容整形のように必ず行わなければいけないケアはないものの、やってはいけないNG行動があるようです。ボトックス注射で使用するボツリヌス製剤は熱に弱い性質があるため、治療を受けた当日は熱いお風呂につかるのはNGです。ぬるい温度のシャワー程度であれば問題ありませんが、ボトックス注射の小顔効果を弱めてしまうので入浴は避けます。入浴以外にも体を温めるサウナや運動、アルコールを飲むという行動も治療後には避けたいので覚えておくと良いでしょう。また、日頃から美容に気を付けている女性の中には、フェイスマッサージのケアを毎日行っているという人も少なくありません。フェイスマッサージもエラボトックス後には行ってはいけないNG行動ですので、しないように注意する必要があります。なぜなら、せっかく正しい位置に注入したボツリヌス製剤がマッサージによってエラではなく、他の部位へと流れてしまう危険性があるためです。フェイスマッサージや美容機器でのお肌のケアは、ボトックス注射をしてもらった医師に相談してOKが出てから行うことが大切です。

Copyright© 2019 ボトックスエラ施術はエラを削らない【様々な美容効果を期待できる】 All Rights Reserved.